NAMM-3

NAMM2016速報−3

NAMMSHOW2016ー2日め

ヤマハ〜フェンダー〜ギブソン

②日目です。
ナムショウの会場であるコンベンションセンター周辺には
ホテルがひしめき合っておりますが、中でも特に近いホテルが2つ。
EXHIBITERバッヂの交換所を兼ねるヒルトンホテルと、
もう一つ。マリオットホテルは、ヤマハの展示会場を兼ねています。
DSC00531.JPG
DSC00532.JPG
SGとバイクがお出迎え。
DSC00533.JPG
中に入るとヤマハ製品がひしめき合っています。
DSC00534.JPG
THRをモニターに、サイレントバイオリンを試奏。
よりRockなアレンジを全面に押し出して来ておりました。
DSC00537.JPG
2CELLOS等、ロックに弦楽器を演奏するアーティストも増えてきましたもんね!
ROCKファンとしてはうれしい限りですね!こちらはサイレントチェロ!
DSC00539.JPG
次はシンセコーナーです。
鳴り物入りで登場したモンタージュやリフェースの実機があります。
DSC00540.JPG
リフェース専用のストラップ。ステージでもバリバリ演奏できますね!
DSC00542.JPG
キューベースのデモンストレーションや
ヘッドフォンなども実機でじっくり試すことが出来ます。
DSC00544.JPG
レコーディングモニターとしてはもちろん、
ライブやMIXにも活躍するプロオーディオ部門のMTシリーズ。
銘機MDRもそうでしたが、ヤマハのヘッドフォンは疲れないですよね!
ホームオーディオ部門もデザインが洗練され音質共に非常に人気が高いです。

びっくり仰天!コンセプトプロダクト!

と、ここで私の足が止まります。
なんだこれは!!!
DSC00545.JPG
RAIJIN。おお!!雷神か!!
DSC00546.JPG
300px-Raizin.jpg

(出典:WIKIPEDIA様)

なるほど!!
なんでも、バイクのヤマハがフレームをコラボで作った模様!
そういえば、この間こういうバイク出てましたね!
004_o.jpg
Resonator125という名前のプロトタイプ。
タンクにギターの材を使い、マフラーには管楽器のエングレイブを入れた
コラボレーションモデル!
ヤマハならではのコラボで、いいなぁと思っていたんですが、バイク→楽器の流れもいよいよ来たか!
と今後のヤマハにますます目が離せませんね!

まぁアレですよ。雷神があるならアレですよね。
多分風神もあるんじゃないk

うおおおおおおおおおwwwww
なんぞこれは!!!!!!!!
DSC00551.JPG
DSC00550.JPG
速すぎて!!手が④本に見える!!!!

と思ったら二人で演奏するタンデム仕様。
ううむ・・・。なかなかやるな・・・・。

バイクの流れでこんなのもあります。
DSC00549.JPG
メーターはリストバンドで確認するそうです。
近未来がすぐそこまで来てますねえ・・・。

最後はコレ!
DSC00548.JPG
発想はね。発想はあったよね。今までね。
自転車でね。発電する世紀末のアレね。
ナムショウの展示会場で見れるとは思いませんでしたけどね!
これでいつ世紀末が来ても大丈夫!ヤマハがどうにかしてくれるはずだ!

あれ。全然楽器の話してないぞこのコラム。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヤマハブース②

すいません。せっかくのNAMMショウなのに全然楽器の話してませんねw
ヤマハブースは広く、とても全ては紹介できませんが、特に目に止まったものをいくつか。
まずはポータブルキーボード部門。全然ポータブルじゃなくなっちゃってますが、
こういうオールインワンの製作スタイルを探している人も多い気がします。
特にヤマハはAppleのiPhone/iPadのアプリも豊富に作っており、非常に親和性の高い商品が多いですね。
DSC00560.JPG
お次はエレドラ。サイレントドラムですが、ハイブリッドなシステムを更に全面に押し出している
気がします。ハイハットスタンドにアタッチしたシステム例ですが、良く探さないと見つからないほどに
生ドラムに融合していますね。今回のナムも様々なエレドラがありましたが、やはりヤマハ/ローランド
二強時代はそうそうひっくり返らないでしょうね。
DSC00555.JPG
管楽器ももちろんございます。
ホワイト&ブラックを基調とした展示スペースが
大変ヤマハらしく、ひと目でヤマハと分かりますね。
DSC00564.JPG
DSC00565.JPG
DSC00563.JPG
もちろんピアノも。USAのみなさん。さすが上手です。
DSC00558.JPG
アコギブースでは従来の銘機も並んでおりました。
DSC00568.JPG
コンパクトシリーズやFG等試奏が絶えず。大人気でしたね。

さて、風神雷神ではしゃぎすぎたあまり、
相当削られた私の体力をロビーの素敵な演奏が癒やしてくれます。
DSC00573.JPG
ポロポロン♫だれが弾いているのかな・・・?
DSC00575.JPG
だれもいねえ!!!!!!!!

こちらなんと、あの銘機ベーゼンドルファーに
ディスクラビアを乗っけたモデルです。
素晴らしい!

フェンダーブースへ!

さてここでヤマハを後にし、前夜祭で行われたフェンダーブースに足を運んでみましょう。
DSC00444.JPG
DSC00138.JPG
3Dに分解されたストラトがお出迎え!
なんというか、本当こういう遊び心がフェンダーの魅力ですよね・・・!
まずアコースティックブース!
評価の高いパラマウントシリーズです。
DSC00421.JPG

Fender 〜 EVH

こちらが今年の新製品!アメリカンエリート!
DSC00430.JPG
USAの贅沢な材を使用し嫌味なくモダンな仕様!
DSC00431.JPG
DSC00433.JPG
すっごい弾きやすいですね。これ!とてもいいです。
U2エッジのモデルも出ますし、今年のストラトも楽しみですね!
DSC00173.JPG
ジミヘンをピックで作っちゃいました!
いや、本当フェンダーの着眼点は面白い!
おもしろいといえば、コレ!
マスビル話題の二本。ステンドグラスとダンボール!
DSC00166.JPG
DSC00167.JPG
レギュラーでも楽しみな商品まだまだあります。
全部紹介出来ないのが心残りですね!
DSC00179.JPG
さて続いてはEVHブース。
ジャクソンやシャーベルもFenderと工場同じで
さすが親和性が高いですね!


DSC00435.JPG
コレやばかったw
話題の一本!
DSC00437.JPG
DSC00438.JPG
EVHからも流行りの小型アンプ登場です!
DSC00441.JPG
さて正直、まだまだ回ったところはありまして、
全てを載っけたいのですが、とても無理!!!
写真整理がおいつきませんw
本日はここまで!明日はギブソン等紹介していこうと思います!