TH

True Historic 寸評

採算度外視とも言える。従来より大幅に変化した工法

”手間暇惜しまず”という一言では片付けきれない工程

さて、今年一番のギブソンの大きなトピックと言えば、
このトゥルーヒストリックをおいて他にない。

この登場をもって、従来のヒストリックコレクションがディスコンになる
というところからも、ギブソンの自信が見て取れる。

というわけで、八重洲オンキョウビルにて行われた、発表会にて
当店スタッフもバッチリこの”TH”見てまいりました!

まず、大きく耳に飛び込んで来るニュースはなんといっても
ボディバックとトップのニカワ(ハイドグルー)接合。
音質にも大きく変化のある部分。
実際ややファジーに突き抜けてくるサウンドの大部分は
このニカワに由来しているような印象。

見た目で大きく変わった部分はボディ、アーチトップの”落とし込み”
実際のヴィンテージLPを3Dスキャンして精巧に再現しています。
FullSizeRender 8.jpg

FullSizeRender 7.jpg

圧倒的プレイアビリティ

写真からわかりますかねぇ。。。難しいかもですが、
触って貰ったらもう一発です。

「あ、違うわ。これ。」

実際、ヴィンテージスペックというのは非常に魅力的でして、
ヒスコレをサードパーティ製のパーツに交換してお楽しみ頂いている
お客様も多いこととは存じますが、代用不可であり、やはりギターの命といえる部分が
「プレイアビリティ」かと思います。

ネックの形状自体もボディ同様、実際のヴィンテージよりスキャンしたシェイプですが
フレット際の処理が、圧倒的に素晴らしいです。

ここは口で説明するより、握っていただければ一発ですので、
是非実機をお試しいただければ幸いでございます。

マスプロダクションでは成し得なかった究極のリーシュー

パーツ1つ1つから、クラフトマン1人1人まで

まず、前提としてこのギター。年間生産本数が予め大体決まっております。
手間やコスト面からそれ以上作れないんでしょう。

当ギターに関わるクラフトマンが、トゥルーヒストリック用に選抜されたメンバーであったり、
木材選定スタッフが決まっていたりと、人的コストも勿論のこと、
やはり話題になったのは、プラスティックパーツ一つ一つまでを、その名の通り真のリィシューにするべく
リファインした部分です。
細かいプライ数や、中の刻印、素材に至るまで、オリジナルパーツを解析して復元されたパーツ群は
それだけでも所有欲を沸き立たせます。
FullSizeRender 12.jpg

FullSizeRender 9.jpg

真のレスポールコレクション

他にもヘッド突板の厚みや、塗装工程等、枚挙に暇がないほどの
改良が試みられた、トゥルーヒストリックですが、

肝心の音。どうなの?

という部分ですが。。。

もうハッキリ言っていい音。としか言いようがありません。
先にも少し述べましたが、ボディ接合がニカワになったことや、
より震動効率の良い塗装に変わった事で、
各弦のバランスを維持したまま、レスポールらしい高域を持って
咆哮のように音が突き抜けてきます。

生で弾いても勿論凄いのですが、このギターに関しては是非プラグインして
お試しいただきたいと思います。



トム・マーフィーによるハンドスプレーがされたHS BBは既に
当店入荷分は即完売。となりましたが、

今後入荷予定のHeavy Agedや、ややお値打ちな1958モデルなど
目の離せないモデルばかりです。

是非ご試奏での御来店お待ちしております。